商品券をクレジットカードで購入!

Read Article

クレジットカードで購入したらついてくるポイントを商品券と交換できるかが重要です

生活の中に商品券を取り入れると、結構便利な事が多い。
例えば皆さんはクレジットカードのポイントをなにに買えているだろうか。

最近リクルートカードに大変注目が集まっている。
リクルートカードがポイント還元率1.2%、リクルートプラスカードが還元率2%という脅威の還元率。
それまで最も還元率の高い漢方スタイルクラブカードの1.75%を上回った。

リクルートカードは年会費無料だが、リクルートプレラスカードは年会費が2,000円かかるため、年間の利用料金が28万円以上、使うならプラスカードにしたほうがいいそうだ。

しかしこのクレジットカードのポイントシステム、なにに変えるのかが重要だ。
ANAカードなどのマイレージがたまるクレジットカードが人気のようですが、飛行機に乗らない人がいくらためてもしょうがない。元々飛行機に乗った距離でポイントをためて、そのポイントを飛距離に買えるというユニークなポイントだ。

しかし飛行機に乗らない人がせっせと買い物でマイルをためても意味はない。それだったらもっとお得なクレジットカードがあるという話になる。

私は、ポイント還元率1%のカードをメインに使っているが、たまったポイントで商品券と交換する時には、10,000ポイントで5000円分の商品券と交換になる。
ということは、実質還元率が0.5%になってしまう。

商品券と交換することで現金として使えるので、1ポイント=1円で商品券と交換するのが一般的によいとされている。

実は私のカードは、商品券に交換すると、大したカードではないのだが、ポイントを1ポイント=1円でクレジットカード支払い分に充当できる。これだと、商品券をお店で使うのであれば100%使えるが、金券ショップなどで現金化した場合はわずかだがロスが出てしまう。この欠点をカバーした使い方だと言えると思っている。

しかし、1ポイント=1円で支払いに充当できるのが、旅行に関する支払いだけという制限があるので、何年かかかってためたポイントを、たまの旅行で使うという形になる。商品券なら使いたいときに使えばいいし、有効期限がない商品券なら、使う予定がなければそのまま保管して、必要な時に売るなり使うなりすればいい。
旅行と関連がない決済とみなされた買い物分に関しては、1ポイント=0.3円になってしまうので、一概にクレジットカードと言うのは還元率だけでは比較できないのだ。

さて、リクルートカードである。
確かに還元率は業界トップクラスである。では、そのポイントはなにに交換できるのか。
このポイントはリクルートポイントと言い、リクルートが運営するサービス全般で共通して使えるポイントとなる。
リクルートが運営するサービスとは、例えば次のようなものがある。

SUUMO 住宅情報サイト
ゼクシイnet 挙式・披露宴会場情報サイト
赤すぐnet マタニティ服・ベビー服・ベビー用品・子供服の通販サイト
ケイコとマナブ スクール・お稽古の情報サイト
じゃらん 旅館・ホテルの検索・予約サイト
ホットペッパ-グルメ レストラン・居酒屋の検索・予約サイト
ホットペッパービューティー ヘアサロン・リラクゼーション・ビューティーサロンも検索・予約サイト

以上の通り、商品券と交換して現金に変えるような使い方はできない。
例えば、じゃらんで旅行へ行く時にポイントで宿泊代金や交通費をまかなうという使い方になります。現金は世の中の全ての商品に対して有効ですが、リクルートポイントはリクルートが運営サービスののみ使える通貨といった感じです。
これだけいろいろありますので、使い勝手はよさそうですが、私の様に旅行もレストランもどこにも行かない、現金が必要だ、という方には宝の持ち腐れになります。しかもリクルートポイントには有効期限がついていますので、使わないで放っておくと失効します。

私が見た範囲では、ホットペッパーグルメで、レストランや居酒屋などの飲食店のお食事券がお得だと思います。お食事券1000円分が800円で購入など、割引感が高いです。こうした場合、リクルートポイント600ポイントがあれば、差額の200円だけクレジットカードで決済して購入することができるようです。1回の購入でポイントとカードの支払い両方が使えて便利そうです。

商品券クレジットカード購入

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*