商品券をクレジットカードで購入!

Read Article

冠婚葬祭の内祝いのマナーは地域や時代によって変わってきている?

冠婚葬祭の内祝いのマナーは地域や時代によって変わってきている?

冠婚葬祭の内祝いのマナー。
地域や時代、贈る方への関係性で少々ルールが最近変わってきているようにも思います。
また、両親の影響や相談を行った上で内祝いの方法もそれぞれ。

内祝いは、お祝いを頂いたお返しとして利用する事が多いですが本来は、家庭のお祝い事でいただいた「お祝い」の金額に応じた「お返し」と考えられているそうです。
過去「内祝い」は「お返し」ではなくお祝いの記念に配るものだったそうです。

贈り物やお祝いを頂いたら、お礼の電話もしくはお手紙は当たり前の事です。
贈り物やお祝いの対して、品物を送る場合そのお返しの贈り物が「内祝い」になりますよね。

シーンによって内祝いは様々ですが、お祝いやお見舞いに贈り物を頂いた場合のお返しの品物として利用する事が正直多いですが、
通常は、自分の家のお祝い事の記念の品物が「内祝い」なんだそうです。

内祝いが不要なシーンもあります。
子供の成長のお祝い、 父の日・母の日の贈り物、お中元・お歳暮には、基本的にはお返しは不要とされていますが、
私の場合はお中元やお歳暮のお返しは間柄によって、お中元やお歳暮のお返しは行っています。

時代によって、「内祝い」や「お中元返し」の意味合いや環境も変わってきているように思います。
これが正しい!!というルールがあってない様な日本人の風習ですよね。

基本的にはお祝いやお中元の贈り物は喜んで頂きたいので万能な商品券を購入する事が多いです。
お祝いする事も増えましたが、お祝いされる事増え「内祝い」を準備する事も度々あります。

ふとお祝いの品や内祝いが必要になる事も多く、まとめて商品券をクレジットカード購入し急な贈り物が必要な際にストックするのもいいかもしれませんね。

有効期限のない商品券を購入すればいつでもお祝いや内祝いに利用できますしね。

▼▽▼▽私が利用している商品券を通販購入できるサイト▼▽▼▽
商品券クレジットカード購入

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*